アクセス 松山大学サイト

キャンパスライフ

Campus-life

医療チームの一員として 自分の立場だからこそできる提案を

外来化学療法室で、主に抗がん剤の調製や服薬指導を行っています。現在、当院の抗がん剤治療は、1度目は入院中に、2度目以降は外来通院で行うことが多く、患者さんの在宅生活を支えていくことも、私たちの大切な仕事。そのため、医療チームの一員として、他職種との連携が求められます。副作用で困られていることはないか、不安なことはないか。抗がん剤投与に要する時間は患者さんにより長短さまざまですが、できるだけ多くの方のお話を聞けるよう、時間調整を工夫しています。例えば、抗がん剤の影響で口内炎ができることがあるのですが、患者さんはたいしたことではないという気持ちで医師に伝えていないことも。このようなわずかな症状をとらえて医師へ報告・提案し、患者さんが困っていた症状が軽減された時、薬剤師としてお役に立てたと実感します。患者さんの笑顔が、私の一番のやりがいです。

学んだ基礎の重要性を感じる毎日 松大は、今でも私の中で大きな存在です

学生時代には、先生方が親身になって指導してくださったことで、現在の業務の基礎となる知識をしっかりと自分のものにできました。また、グループごとに調べた内容を発表するという講義もあり、そこで仲間と協力した経験は、チーム医療での連携に生かされています。同窓生と勉強会や講演会などで会うことも刺激になりますし、研究室には今でも時々お邪魔しています。医療の高度化・複雑化と共に薬剤師に求められる役割はますます大きくなっています。患者さんに何か症状が現れた時、さまざまな可能性を考えられる幅広い知識を身につけ、信頼される薬剤師をめざしています。

※所属・役職はインタビュー時のものです。

入試に関するお問い合わせ
Tel.0120-459514