アクセス 松山大学サイト

キャンパスライフ

Campus-life

チーム医療の中で学ぶ日々 私らしく、頼りにされる薬剤師をめざして

私が医療職をめざしたのは看護師の母の勧め。多忙ながらも命を預かる責任感が感じられる母の姿に、尊敬の念を抱いていました。現在は薬剤師として、病院内の調剤業務や病棟業務に携わるとともに、チーム医療にも参加しています。患者さんを前にした臨床の現場では想像を超えた事態も起こりますが、病院という広い世界の中で、他職種と関わり協力しながらさまざまな視点を身につけられることに、やりがいを感じています。私は栄養サポートチームに参加しており、食事をとれない患者さんがどうすれば食べられるようになるかを考えたり、栄養が不足している患者さんに対して輸液療法を提案したりしています。今後は栄養サポートチーム専門療法士の資格を取得し、薬剤師としてさらに多くの知識や経験を身につけ、他職種や患者さんから頼りにされる薬剤師になりたいと思います。
 

座学と実習。教授陣の指導と専用施設

松大には深く広く学べる環境があります

現在の職場を選択した最大の理由は、5年次の調剤薬局・病院での実務実習です。実際に現場に入ることで、自分のめざす薬剤師という職業について現実的に考え、座学での学びを深めることができました。また、薬剤師だけでなく、医師や製薬会社出身の教授などさまざまな職種を経験した教授がいらっしゃるので、多側面から自分の将来像や就職に関するイメージを描けたと思います。学内環境としては薬学部専用棟があり、模擬薬局を始め実習室も多いので、現場に近い環境の中で学ぶことができます。また、国家試験対策に特化した授業でのサポート体制も心強かったですね。
 
※所属・役職はインタビュー時のものです。
入試に関するお問い合わせ
Tel.0120-459514