アクセス 松山大学サイト

キャンパスライフ

Campus-life

松大での学びを存分に生かす日々 患者さんの感謝や喜びの声をやりがいに

父親が長年糖尿病を患っており、診察を終えて調剤薬局に行った父は、いつも薬剤師から薬の効果について説明を受けていました。幼い頃、父の横でその話を聞いていた時に感じた「どうして病気に薬剤が効くのか知りたい」という知的好奇心が、私を薬学部へと導きました。現在は病棟業務を主な仕事とし、医師や看護師と連携して、患者さんの薬剤管理をしています。院内の医師や看護師からは薬について質問されることが多く、「薬のことは薬剤師に」という信頼を寄せていただいています。薬に対する評価など、薬学部で学んだ多くの知識が今の医療に生きていることを実感しながら仕事に向き合う充実した日々です。また、臨床で出た疑問点について、大学で学んだ調べ方で新たな知識を習得することにも、面白さを感じています。
 

知識と技術、さらには臨床経験も

現場で生かせる力を広く深く学べます

現在の職場選択には、5年次の薬局・病院実務実習後に臨床研究を経験できる「アドバンスト実務実習」が大きくかかわっています。私は、松山大学薬学部と連携している愛媛大学医学部附属病院薬剤部で3カ月間、せん妄(入院や手術の後などに見られる幻覚や妄想など)についての研究を行い、学会に参加してポスター発表を行いました。臨床の現場での研究の進め方を学べた経験は、就職前の進路検討の指針となり、現在の病院薬剤師の道につながりました。松大は座学だけでなく、現場で必要な技能を培う実習にも力を入れています。知識と技術の両方をバランスよく養成でき、私のように、大学時代に臨床経験を積むことも可能な体制が整っています。
 
※所属・役職はインタビュー時のものです。
入試に関するお問い合わせ
Tel.0120-459514