アクセス 松山大学サイト

インターネット出願「ラク出願」スタート!

Syutsugan lp

インターネット出願「ラク出願」スタート!

♦学生たちの学びたい意欲を力強く支えます!
松山大学では、安く抑えた学費や、様々な奨学金制度、成績優秀者対象の優遇措置など、心強く便利な制度によって学生たちの学ぶ意欲を応援しています。

詳細は以下をご確認ください。

学費・奨学金・奨励金

♦多くの卒業生たちがさまざまな分野で活躍
松山大学は就職率はもちろん、卒業生が幅広い分野で活躍していることも特徴です。インターンシップも充実しており、「なりたい自分」に出会うことができます!

 詳細は以下をご確認ください。

就職情報   

就職状況   

昨年の合同企業説明会の様子   

インターンシップとは

♦スポーツが強い松山大学

 詳細は以下をご覧ください。

クラブ&サークル


♦地域に貢献する、社会活動も充実!

■学生による社会連携活動例

バラエティに富んだ5学部6学科から構成!年間科目数はなんと驚きの700種にも及びます。ぜひあなたにぴったりの学部とカリキュラムをお選びください。

松山大学には県内外から多くの学生たちが集まり、自分らしく伸び伸びと学んでいます。キャンパスライフや松山での生活に関する、気になるあれこれをチェックしてみましょう。

松大生は日々様々な活動に取り組んでいます。そこで、各々の分野で実際に活躍している松大生にインタビューしました!先輩の活躍を参考にしながら、自分は大学で何がしたいのか、何に興味があるのか、どう成長したいのか考えてみましょう。

文武両道で全国に挑戦!

部員一人ひとりと向き合い、全国で勝てるチームへ

高校時代からサッカーに熱中していました。サッカーを続けられ、実家から通うことができ、生活費や学費など経済的負担も減らすことができる松山大学を選んで良かったと思っています。チームの目標は、総理大臣杯・天皇杯・インカレで全国大会に出場し、1勝をあげること。また、主将としてチームを引っ張っていくことを個人の目標にしています。そのためには、FWとして点を取りチームに貢献することに加えて、主将として部員一人ひとりと向き合うことを特に意識しています。各メンバーのその日のプレーやコンディションを注意深く観察するように心がけています。練習に集中できていないと怪我にもつながりますし、その日の練習が無駄になってしまいます。そのため、チームメイトには積極的に声を掛け、良い雰囲気を作るように努力しています。

大切なのは「計画を立て、継続する」こと

学業も部活動も「継続」が大切だと思っています。宿題、試験勉強、練習、アルバイト、トレーニング、何をするときも時間を決めて集中して取り組むようにしています。一週間の計画を立てる際にも、メリハリをつけることで実行できるようになりました。おかげで、卒業に必要な単位はしっかり修得することができていますし、サッカー部でも3年連続の全国大会出場という実績につなげることができました。何事も継続が大切で、継続させるために何が必要かを考えることで、学業と部活動を両立させることができると思います。

憧れの企業に挑戦!

父に憧れ、私も公務員になって笑顔あふれる街づくりがしたい

父が公務員だったこともあり、幼い頃から公務員の仕事に憧れを持っていました。大学時代には柔道を教えるボランティア活動に取り組みました。その中で、親子で一緒に柔道をして良い関係が築けている様子を目の当たりにしてきました。当時、児童虐待のニュースが多く報道されて社会的な関心を集めている最中で、私も心を痛めていましたが、スポーツには、子育ての楽しさを実感し、子供の成長を支援する力もあると気づきました。私個人ではできることは限られていますが、一公務員として、笑顔あふれる街づくりをしていきたいです。

語学も面接対策も、納得がいくまで突き詰めることが大切

大学時代は語学の勉強に力を入れていました。主専攻にしていた英語だけではなく、第二言語で履修した韓国語の勉強にも励みました。アルバイトでお金を貯めて海外に行き、学んできた言葉を使って現地の方とコミュニケーションがとれた時はとても嬉しかったです。本格的に公務員試験対策に力を入れたのは3年次生の9月から。公務員試験対策講座を受講し、授業の空きコマの時間にも図書館で勉強していました。また、公務員試験は面接も重要視されるので早い段階から対策に取り組んで、納得がいくまでキャリアセンターや公務員講座を活用して面接練習をしていただきました。勉強の息抜きには近所を散歩して、実際にフィールドを歩きながら松山市の良さや課題などを自分なりに考えたりもしました。

 

根拠を持って、相手に分かりやすく提案する ゼミで学んだ姿勢が、仕事に生きています

 調査課の主任として、企業概要、財務状況、経営方針などについて企業の信用調査業務を行うほか、企業の業績発展に貢献するため、マーケティング、取引先状況の把握や与信管理の業務効率化の提案などを行っています。この仕事の醍醐味は、徳島県内の企業の経営者と直接お会いして、企業の課題解決のための提案ができること。実力ある方々とお話しし、業界の知識を深める中で、自分自身も成長していると感じます。松山大学で学んだ簿記や会計の知識はもちろんのこと、ゼミで何度も発表した経験が、今の自分を支えていますね。いかに相手に分かりやすく伝えるかと試行錯誤し、根拠に基づいたプレゼンテーションをするように心がけていたのですが、まさに今、企業に提案をするうえでその経験が役立っています。
 

知識、経験、人間関係…学生時代に得たものは、一生涯の財産です

 経営学部では、社会人になると必ず役立つ「現在の日本および世界の情勢」などを学ぶことができます。また、ゼミではコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を磨くことが可能です。入学当初は大学の講義を難しく感じ、慣れるまでは大変かもしれませんが、松山大学には、社会に出た時、知識面などで同期社員に差をつけることができる講義がたくさんありますよ。また、先生や学生との関係は一生ものです。切磋琢磨し合える友人を、たくさん作ることをお勧めします。窮地に陥った時などに友人たちや、人生の先輩である先生に相談できるのは、とてもありがたいものです。学生時代に、ぜひそうした絆を育んでください。
 
※所属・役職はインタビュー時のものです。
 

 

チーム医療の中で学ぶ日々 私らしく、頼りにされる薬剤師をめざして

 私が医療職をめざしたのは看護師の母の勧め。多忙ながらも命を預かる責任感が感じられる母の姿に、尊敬の念を抱いていました。現在は薬剤師として、病院内の調剤業務や病棟業務に携わるとともに、チーム医療にも参加しています。患者さんを前にした臨床の現場では想像を超えた事態も起こりますが、病院という広い世界の中で、他職種と関わり協力しながらさまざまな視点を身につけられることに、やりがいを感じています。私は栄養サポートチームに参加しており、食事をとれない患者さんがどうすれば食べられるようになるかを考えたり、栄養が不足している患者さんに対して輸液療法を提案したりしています。今後は栄養サポートチーム専門療法士の資格を取得し、薬剤師としてさらに多くの知識や経験を身につけ、他職種や患者さんから頼りにされる薬剤師になりたいと思います。
 

座学と実習。教授陣の指導と専用施設 松大には深く広く学べる環境があります

 現在の職場を選択した最大の理由は、5年次の調剤薬局・病院での実務実習です。実際に現場に入ることで、自分のめざす薬剤師という職業について現実的に考え、座学での学びを深めることができました。また、薬剤師だけでなく、医師や製薬会社出身の教授などさまざまな職種を経験した教授がいらっしゃるので、多側面から自分の将来像や就職に関するイメージを描けたと思います。学内環境としては薬学部専用棟があり、模擬薬局を始め実習室も多いので、現場に近い環境の中で学ぶことができます。また、国家試験対策に特化した授業でのサポート体制も心強かったですね。
 
※所属・役職はインタビュー時のものです。

 

入試に関するお問い合わせ
Tel.0120-459514